HAD Newsニュース

Ghassan Halwani、受賞作品が広島市で上映 2月20日広島市映像文化ライブラリーにて

HAD2011の招聘アーティストGhassan Halwaniの『消された存在、__立ち上る不在』(レバノン 76分 カラー・白黒 2018)が広島市映像文化ライブラリーの中東ドキュメンタリー特集で上映されます。

本作は「山形国際ドキュメンタリー映画祭2019」でアジアの映画のコンペティション「アジア千波万波」部門で最高賞の「2019小川紳介賞」を受賞しました。

レバノンの内戦での行方不明者、彼らの存在を可視化しようとする試みを撮影した本作はHAD滞在中の体験がきっかけです。
原爆が炸裂した瞬間に石に刻まれた人の影を目の当たりにし、「人がいた形跡でありながら、人の証は残っていないことを思い知らされた。この出会いが、映画の概念的構造を形作るバックボーン。」と受賞時にコメントしており、広島での上映について本人からも喜びの声が届いています。

上映は広島市映像文化ライブラリーで2月20日(土)①14時〜②18時〜。詳しくは広島市映像文化ライブラリーHPまで。

広島市映像文化ライブラリー
http://www.cf.city.hiroshima.jp/eizou/

Ghassan Halwani、「山形国際ドキュメンタリー映画祭 2019」の「アジア千波万波」部門で最高賞

レバノン出身でHAD2011に参加したアーティストGhassan Halwani。

彼がHADに刺激を受け、6年を費やして制作したフィルム『消された存在、__立ち上る不在』が「山形国際ドキュメンタリー映画祭 2019」でアジアの映画のコンペティション「アジア千波万波」部門で最高賞の「2019小川紳介賞」を受賞しました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2019受賞作品
https://www.yidff.jp/2019/2019.html#award

Hans Van HouwelingenがHAD 2015の為に制作した作品が
アムステルダムで上映、討論会

HAD 2015年招聘アーティスト、Hans Van Houwelingenが制作・展示した映像作品「BEELDBEPALERS」。

2019.4.26、アムステルダムに於ける劇場であり、政治、文化、メディアの為のセンターであるde BALIEで映像上映、ディスカッションが行われました。

Hans Van Houwelingen website
http://www.hansvanhouwelingen.com

BEELDBEPALERS: HANS VAN HOUWELINGEN - de BALIE
https://debalie.nl/agenda/beeldbepalers-hans-van-houwelingen/